浄水器に効果はある?浄水器の効果的な選び方・使い方

LINEで送る
Pocket

浄水器を使ってみたいけれど、本当に効果はあるの?
そんなふうに思っている方も多いのではないでしょうか。
浄水器を効果的に活用するためには、正しい選び方・使い方をすることが大切です。
ここでは、浄水器の効果について知っておきましょう。

<目次>

浄水器に効果はある?
浄水器の効果と選び方
浄水器の効果的な使い方
まとめ
※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ
2019年5月8日更新

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

浄水器に効果はある?

「浄水器って本当に効果はあるの?」と思っている方、いるかもしれませんね。
浄水器は、水道水から残留塩素や不純物などを減少または除去するための機器です。
内部には活性炭やろ過膜などのフィルターが設けられており、それらが不純物の通過をブロックする役割を果たします。
浄水器を設置することで、水道水中の残留塩素が少なくなるなど、一定の効果は期待されます。
ただし浄水器については「〇〇に効く」といった健康上の効果をうたうことは認められていませんので注意してください。
また、浄水器の効果(浄水能力)は製品によって大きく異なります。
ですから製品の選び方については注意が必要です。

浄水器の効果と選び方

浄水器を選ぶ際には、その効果(浄水能力)を確認する必要があります。水 11 
どのような物質を除去できるかということは、浄水器のパッケージやカタログなどに記載されています。
「塩素だけきちんと除去してほしい」「においが気になるので微生物等もしっかり取り除きたい」等、浄水器に求める効果はそれぞれだと思いますので、自分に合った製品を選ぶことが大切です。
また、一般的には蛇口直結型のようなコンパクトタイプの浄水器よりも、据え置きタイプやアンダーシンクタイプのほうがカートリッジも大きく、浄水効果は高くなる傾向があります。
高い浄水効果を求める方はこのようなタイプの浄水器を選ぶのがおすすめです。

浄水器の効果的な使い方

浄水器の効果を高めるには、使い方にも注意が必要です。
そこで重要となるのが、カートリッジの交換です。
カートリッジは使い続けると不純物が蓄積するため、一定の期間で交換する必要があります。
不純物の蓄積したカートリッジを使い続けていると、目詰まりが起きて水が流れにくくなったり、浄水がきちんと行われなくなったりすることがあります。
浄水器を効果的に活用するためには、決められた期間ごとにきちんとカートリッジを交換する必要があります。
カートリッジの交換時期は製品ごとに定められているほか、使用状況などに応じて、本体に交換時期が表示されるタイプのものもあります。
目安の交換時期ではなくても、交換サインが表示された場合には交換するようにしましょう。
浄水効果を維持するためには、交換時期よりも早め早めに交換することをおすすめします。

まとめ

それでは最後に、浄水器の効果についてまとめておきます。

・浄水器には、水道水から不純物を除去する一定の効果がある
・浄水器の効果(浄水能力)は製品によって異なる
・浄水器の効果を維持するためには、定期的にカートリッジを交換することが大切

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

参考文献:

一般社団法人 浄水器協会
⇒ http://www.jwpa.or.jp/

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket