浄水器とウォーターサーバー コストの比較

LINEで送る
Pocket

浄水器とウォーターサーバーの比較ポイントとしては、
コストも挙げられます。水 12 

浄水器もウォーターサーバーも、
製品や使用状況に応じてコストは変わってくるため、
単純に比較することは難しいです。
しかし、どのようなものにどのくらいのコストが
発生するかを知り、シュミレーションしておくと、
購入時の商品選びに役立ちます。

ここでは、浄水器とウォーターサーバーについて、コストの違いをみていきます。

【おすすめページのご案内】
◆電解水素水ってどんな水? 電解水素水の特徴と活用法 はこちら
◆整水器と浄水器の違い はこちら
◆整水器とウォーターサーバー 徹底比較! はこちら
◆妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子 はこちら
◆赤ちゃんの成長を応援! 0~12ヶ月(12ヵ月)までの月齢別赤ちゃん成長ナビ はこちら

目次

(1)浄水器のコスト
  1-1本体コスト
  1-2カートリッジの交換コスト
(2)ウォーターサーバーのコスト
  2-1水代
  2-2電気代
  2-3その他のコスト
(3)浄水器とウォーターサーバーのコストを比較しよう
(4)まとめ

(1)浄水器のコスト

浄水器は水道蛇口などに連結して使用するため、水代は水道代に含まれます。
浄水器のコストとしては、本体と交換カートリッジの大きく2つが挙げられます。

1-1本体コスト

浄水器本体のコストは、製品によって大きく異なります。

例えば、浄水器には以下のような形状の違いがあります。
・蛇口直結型
・据え置き型
・アンダーシンク型
・元栓一体型  など

一般的に、小型の方がコストも小さく、大型になるにつれてコストも大きくなる傾向があります。
コンパクトな蛇口直結型浄水器には数百円程度の製品もありますが、
家中の水道を浄水する元栓一体型の場合、数十万円程度のものもあります。

もう一つ、使用されているろ材によっても価格は異なります。
ろ材には活性炭やろ過膜、イオン交換樹脂などがありますが、
これらの数や材質、大きさなども、コストを左右する要因となります。

1-2カートリッジの交換コスト

浄水器を使用する上では、定期的なカートリッジの交換が必要となります。
カートリッジは使い続けると不純物が付着して浄水能力が低下するため、
交換は必ず行うよう求められています。

交換カートリッジのコストも、浄水器本体と同じく、製品によって異なります。

一般的に、本体がコンパクトなものほどカートリッジもコンパクトで価格も安く、
本体が大きなものほどカートリッジも大型で価格が高いと言えます。
価格帯は数百円~数万円程度です。

ただし気を付けなければならない点があります。
コンパクトで安価なカートリッジの場合、
ろ過能力が低下するのも早く、頻繁に交換が必要となります。
そのため、交換1回あたりのコストは小さくても、
長期的にはコストが大きくなる可能性があります。

カートリッジのコストを計算する際には、交換時期なども頭に入れておくことが大切です。

(2)ウォーターサーバーのコスト

では、ウォーターサーバーのコストはどのくらいなのでしょうか。
ウォーターサーバーでは、本体を無料で貸し出しているメーカーがほとんどです。
ですから主なコストは水代と電気代の2つですが、そのほかに費用が発生する場合もあります。

2-1水代

ウォーターサーバーのコストでもっとも大きな割合を占めるのが、水代です。

水代はメーカーや製品によって異なりますが、一般的な相場は12L入りで1200~1800円程度。
これをどのくらい使うかということによってコストは変わってきます。
メーカーによっては、「1回の注文はボトル2本以上」「月にボトル○本」といった
購入ノルマが設けられていることもありますので、確認しておきましょう。

2-2電気代

ウォーターサーバーで常に冷水と温水をくみ出せるようにするためには、
終日電源を入れておく必要があり、電気代が発生します。

電気代は、月1000円程度が一般的ですが、
最近では省エネモードなどの機能を搭載した製品も登場しています。
ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントですね。

2-3その他のコスト

ウォーターサーバーではそのほかにコストが発生する場合がありますので、
あらかじめ確認が必要です。

・サーバーレンタル料

先にも述べた通り、サーバー本体のレンタル料は多くの場合無料ですが、
メーカーによっては有料(月に500~1000円程度)の場合もあります。

・メンテナンス料

ウォーターサーバーは、年に1回程度、業者によるメンテナンスが行われることがあります。
この際にメンテナンス費用として5,000円程度徴収されることもあれば、無料のこともあります。
メンテナンス費用を無料にしているメーカーの多くは、
サーバー本体のレンタル費用を有料とし、
そこにメンテナンス費用も含めるという形を取っていることがほとんどです。

・配送料

水の配送料はほとんどのメーカーで無料としていますが、一部有料の場合もあります。

(3)浄水器とウォーターサーバーのコストを比較しよう

それでは、浄水器とウォーターサーバーのコストを比較してみましょう。

・初期費用がかかるのは浄水器

浄水器の価格は製品によって異なりますが、
多くの場合、無料レンタルができるウォーターサーバーに比べれば、
本体の購入が必要な浄水器の方が初期費用は高くなります。

・ランニングコストはウォーターサーバーの方が大きい

浄水器のランニングコストは、通常カートリッジの交換費用のみです。
一方、ウォーターサーバーでは、水代と電気代などがランニングコストとして発生し、
特に水代が大きくかかります。
ランニングコストを比較した場合は、ウォーターサーバーの方が大きいと言えます。

(4)まとめ

それでは最後に、浄水器とウォーターサーバーのコストについて、まとめておきたいと思います。

・浄水器に発生するコストは主に本体と交換カートリッジの2つで、
これらは製品によって大きく異なる

・ウォーターサーバーではサーバー自体は無料のものが多いが、
水代、電気代などのランニングコストがかかる

・どちらを利用する場合にも、使用状況などに合わせて長期的なコストを計算しておくことが大切

【おすすめページのご案内】

◆電解水素水ってどんな水? 電解水素水の特徴と活用法 はこちら
◆整水器と浄水器の違い はこちら
◆整水器とウォーターサーバー 徹底比較! はこちら
◆妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子 はこちら
◆赤ちゃんの成長を応援! 0~12ヶ月(12ヵ月)までの月齢別赤ちゃん成長ナビ はこちら

参考サイト:

一般社団法人 浄水器協会
⇒ http://www.jwpa.or.jp/
価格.com 浄水器・整水器
⇒ http://kakaku.com/kaden/water-filter/
価格.com ウォーターサーバー比較
⇒ http://kakaku.com/waterserver/
Yahoo! Japanプレミアム 失敗しない!ウォーターサーバーの選び方
⇒ http://waterserver.yahoo.co.jp/
オリコン顧客満足度ランキング ウォーターサーバーの比較・口コミ
⇒ http://life.oricon.co.jp/rank_waterserver/

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>