飲料水について知ろう!その種類、使い方、購入方法

LINEで送る
Pocket

飲料水は、私たちの生活になくてはならないものです。
体内の水分を維持するためには1日におよそ1.2ℓの水分補給が必要だと言われています。
⇒⇒⇒体と水の関係 体の水分量と1日の水の出入り 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水分補給はなぜ大切?水分補給の量やタイミング、適した飲み物とは 詳しくはこちら

飲料水はどれも同じと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
最近では、水道水やミネラルウォーターなど様々な種類の飲料水が活用されるようになっています。
⇒⇒⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

その中から、自分の体調や好み、ライフスタイルに合った飲料水を活用することが大切です。
私たちの身の回りの飲料水について、詳しく見ていきましょう。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら

<目次>

1. 飲料水の種類
2. 飲料水と水道水
3. 飲料水とミネラルウォーター
4. 飲料水 ペットボトル
5. 飲料水 ウォーターサーバー
6. 飲料水 硬度
7. 飲料水 料理
8. 飲料水 価格
9. 飲料水 通販
10. 飲料水 賞味期限
11. 飲料水 備蓄
※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

水素水

1. 飲料水の種類

私たちが普段飲んでいる飲料水は、どれも同じというわけではありません。
飲料水にも様々な種類があります。
一番身近な飲料水は水道水ですよね。
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

水道水には、殺菌のために塩素が用いられています。飲料水
これを除去するために浄水器を使用しているご家庭も多いですが、除去できる不純物は製品によって異なりますので注意しましょう。
⇒⇒⇒水道水の塩素 なぜ必要?塩素の影響 詳しくはこちら
⇒⇒⇒浄水器で塩素除去! ポイントを確認 詳しくはこちら
⇒⇒⇒浄水器でどんな物質を除去できる? 詳しくはこちら

最近ではペットボトルなどに入れられた飲料水を飲んでいる方も多いですが、こちらもどれも同じというわけではありません。
⇒⇒⇒ペットボトルのミネラルウォーターについて知ろう! 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒海洋深層水の3つの特性と、活用方法 詳しくはこちら

ボトリングされた水には、「ミネラルウォーター」や「海洋深層水」、「ピュアウォーター」など様々な種類があります。
その分類方法の一つが、硬度です。
硬度は、水に含まれるマグネシウムやカルシウムの量によって決まります。
⇒⇒⇒RO水とは? RO水のメリットやデメリットを知ろう 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターを硬度で選ぼう! 3つのポイント 詳しくはこちら

これらが豊富に含まれている水が「硬水」、少ない水が「軟水」です。
日本の原水はほとんどが軟水で、飲みやすく、日本人向きの飲料水であると言えます。
硬水はミネラルが多く含まれているので、赤ちゃんには不向きです。
家族で飲む飲料水は、軟水のほうがおすすめです。
⇒⇒⇒料理には軟水?硬水? 水の硬度と料理の気になる相性とは 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい 詳しくはこちら
⇒⇒⇒赤ちゃんの水分補給に関する3つのギモン 詳しくはこちら

参考:http://www.alpina-water.jp/trivia/#drinking

2. 飲料水と水道水

水道水はウォーターサーバーなどの飲料水と異なる点があります。
水道水は「水道法」で、その他の飲料水は「食品衛生法」で管理されています。
食品衛生法に比べて、水道法のほうが安全性に関する基準は厳しいとも言われています。
⇒⇒⇒ウォーターサーバー 6つのメリットと5つのデメリット 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水道水の水質基準 日本の水道水質基準ってどんなもの? 詳しくはこちら

ミネラルウォーター類はジュース類などと同じく嗜好品として分類されます。
つまり、健康や栄養は関係なく「味わうこと」を目的としたものです。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒健康のための水の飲み方とは? 今日から始められる4つの方法 詳しくはこちら

一方水道水は「毎日飲んでも健康上影響がない」よう水道法で定められているのです。
では、水道水のほうがほかの飲料水よりも絶対に安全なのかと言えば、そうとも言えません。
例えば水道の蛇口や水道管に異常があれば、水質も低下してしまいます。
また、マンションなどの貯水タンクの問題などもあり、水道法だけで安全とは言えないのです。
ただし最近では貯水タンクの衛生面での安全も担保されるようになっているほか、直結増圧式給水という管理方法も増えてきています。
自分がどんな水道水を使っているかを知ることで、飲料水を選ぶ際の参考になると思います。
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水道水の安全性について考える 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水道水を飲むってどうなの?水道水を飲むときの3つの疑問 詳しくはこちら

参考:https://sq.jbr.co.jp/library/307

3. 飲料水とミネラルウォーター

飲料水には、「ミネラルウォーター」や「海洋深層水」など様々な種類があります。
日本ミネラルウォーター協会によれば、現在流通しているミネラルウォーターはおよそ1000銘柄にもなるということです。
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒海洋深層水の3つの特性と、活用方法 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

日本のミネラルウォーター類は、農林水産省の「ミネラルウォーター類(容器入り飲料水)の品質表示ガイドライン」によって4つに分類されています。
・ナチュラルウォーター
・ナチュラルミネラルウォーター
・ミネラルウォーター
・ボトルドウォーター
⇒⇒⇒ペットボトルのミネラルウォーターについて知ろう! 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

ヨーロッパでは、ナチュラルミネラルウォーターの品質基準は日本のものとは異なります。
ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターは、殺菌の禁止、ミネラル分の基準値の設定、採水地周辺の環境保護が義務付けられています。
これは、日本ではミネラルウォーターが「おいしくて安全な飲料」であるのに対し、ヨーロッパでは「健康のための飲料」として位置づけられているということです。
⇒⇒⇒ミネラルウォーター 日本とヨーロッパでの分類方法の違い 詳しくはこちら
⇒⇒⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒健康のための水の飲み方とは? 今日から始められる4つの方法 詳しくはこちら

参考:https://www.suntory.co.jp/eco/teigen/jiten/life/05/

4. 飲料水 ペットボトル

水道水以外の水を飲料とする場合、ペットボトル・宅配サービス・浄水器の3つの方法があります。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターを宅配で楽しむ方法 詳しくはこちら
⇒⇒⇒浄水器を上手に活用するために知っておきたい7つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒浄水器に効果はある?浄水器の種類やコスト、正しい使い方 詳しくはこちら

ペットボトルの水には、「名水」や「天然水」と呼ばれるものや、海外のナチュラルウォーター、プライベートブランドなど、様々な商品があります。
⇒⇒⇒ペットボトルの水 上手に活用するための4つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒天然水をおいしく飲もう!天然水とは、硬度、サーバーの使い方 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

商品によって、産地・採水地、製造方法・ろ過方式、ミネラル成分・硬度などに違いがあります。
日本の水は大半が軟水ですが、ヨーロッパのものは大半が硬水です。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターは産地で変わる? 4つのポイントをチェック! 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターを硬度で選ぼう! 押さえておくべきポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーター 日本とヨーロッパでの分類方法の違い 詳しくはこちら

硬水はミネラルが多く含まれることから好まれることもありますが、和食や赤ちゃんのミルクには向きません。
また海外のナチュラルミネラルウォーターは、殺菌などの加工が禁止されているものがほとんどですので、赤ちゃんに与える水としてはあまりおすすめしません。
⇒⇒⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい 詳しくはこちら
⇒⇒⇒料理には軟水?硬水? 水の硬度と料理の気になる相性とは 詳しくはこちら
⇒⇒⇒赤ちゃんのミルクの作り方と、水の選び方 詳しくはこちら

大手飲料水メーカーからは「名水」や「天然水」といった商品が多く販売されていますが、これらは最低限の処理しか施されていないものがほとんどです。
安全性を重視したい場合には、採水地や採水方法、浄水方法などを確認しましょう。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターができるまで 詳しくはこちら

一方最近では「RO水」と呼ばれるペットボトルの飲料水が注目されるようになってきました。
⇒⇒⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリットを知ろう 詳しくはこちら
⇒⇒⇒逆浸透膜の原理とは?逆浸透膜の仕組み・活用方法を知る 詳しくはこちら

RO水は逆浸透膜フィルターを用いてろ過した純度の高い水であり、飲料水の安全性が気になる方から人気を集めています。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

500mlのペットボトルの飲料水の価格は一般的に100~200円、2ℓだと200~400円程度です。
セールや通販では1ℓあたり50円を下回ることもあります。
⇒⇒⇒ペットボトルのミネラルウォーターについて知ろう! 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターを通販で買う3つのメリット 詳しくはこちら

反対に、1本あたり300円を超えるような価格のものもあります。
様々な価格の商品が存在するというのもペットボトルの飲料水の特徴です。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターの選び方 3つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ペットボトルの水 上手に活用する 詳しくはこちら

参考:https://www.crecla-northland.jp/comparison/

5. 飲料水 ウォーターサーバー

「ウォーターサーバーは高い?」「自宅に置く必要はなさそう…」と思っている方も多いかもしれません。
確かに日本では水道水を安心して飲むことができるため、ウォーターサーバーの普及率はヨーロッパと比べると非常に少ないです。
⇒⇒⇒ウォーターサーバー 6つのメリットと5つのデメリット 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

けれど東日本大震災以降、備蓄水としてウォーターサーバーの普及率は上がってきています。
ウォーターサーバーでは水とお湯を楽しめることから、ポット代わりにもなります。
お客さんにお茶を出す機会の多いオフィスなどでは、その都度お湯を沸かす手間が省け、ランチタイムにも活躍します。
⇒⇒⇒飲料水を備蓄しよう!いざというときのための飲料水の備蓄の仕方 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ウォーターサーバーのお湯を上手に使おう! 5つのポイント 詳しくはこちら

ウォーターサーバー本体はレンタルが可能で、レンタル料も月々無料か数百円程度です。
これまでスーパーでお水を買って運んで…という大変な思いをしていた方も、ぜひウォーターサーバーと比較してみてください。
⇒⇒⇒ウォーターサーバーのレンタル 3つの基礎知識 詳しくはこちら

ウォーターサーバーには、気になる点もいくつかあると思います。
例えば電気代はどのくらいなの?ということですが、一般的には一か月1000円程度です。
ボトルの水の消費期限は、未開封なら1年程度、サーバーにセットしたものは1か月程度のものが多いようです。
⇒⇒⇒ウォーターサーバーの費用はどのくらい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターの賞味期限って?  詳しくはこちら
⇒⇒⇒ウォーターサーバーで安全&おいしい水を楽しむための9カ条 詳しくはこちら

⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

参考:http://www.alpina-water.jp/goods/merit.html

6. 飲料水 硬度

私たちの周りの飲料水は、硬度によって「硬水」と「軟水」に分類されます。
市販のミネラルウォーターには味わいの違いがありますが、それも硬度の違いによるものです。
では、硬水と軟水にはどのような違いがあり、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターを硬度で選ぼう! 押さえておくべき3つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

硬度とは水中のマグネシウムとカルシウムの含有量の指標で、WHOの分類では、硬度120mg以上が硬水、120mg未満が軟水となります。
硬度の高い硬水にはマグネシウムやカルシウムが多く含まれていますから、口当たりが重く、やや苦味を感じるのが特徴です。
反対に軟水はまろやかでさっぱりとした飲み口が特徴です。
日本で普段飲まれている飲料水はほとんどが軟水であり、日本人には軟水のほうが合うと言われています。
⇒⇒⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒料理には軟水?硬水? 水の硬度と料理の気になる相性とは 詳しくはこちら

硬水には次のようなメリットとデメリットがあります。
<メリット>
・マグネシウムによる便秘解消効果が期待できる
・牛肉などの臭みを消す作用があるため、洋風の煮込み料理に向いている
<デメリット>
・胃腸の弱い方は、お腹が緩くなることもある
・硬水には独特の風味があるため、素材を活かしたい料理には適さない

一方の軟水には次のようなメリットとデメリットがあります。
<メリット>
・繊細な味付けを魅力とする日本料理には適している
・胃腸への負担が少ないので、赤ちゃんや子どもにも安心
<デメリット>
・ミネラルの補給は期待できない
⇒⇒⇒電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターは赤ちゃんに良い? 詳しくはこちら

参考:https://www.aquaclara.co.jp/lifehack/knowledge/difference/

7. 飲料水 料理

水はそのまま飲むときだけではなく、飲み物を淹れる際や、料理を作る際にも使われています。
どのような水を使うかということが、料理の味わいを左右することもあります。
料理に使う水には、冷却や加熱、味を染み込ませる、だしなどの成分を抽出するなど様々な役割があります。
⇒⇒⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒料理・飲み物は水で決まる!おいしい関係を築くためのキーワード 詳しくはこちら

では、料理と相性のよい水とはどのような水なのでしょうか。
まずご飯を炊くときには、軟水が適していると言われています。
お米は乾いた状態のときに水を多く吸水するため、お米を研ぐときには、最初にミネラルウォーターや浄水器を通した水で洗うのがおすすめです。
⇒⇒⇒美味しいご飯の炊き方 水道水、ミネラルウォーターとお米の関係 詳しくはこちら
⇒⇒⇒お米の研ぎ方 3つの手順とポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

和食に使うだしは、材料だけではなく水の良し悪しによって左右されるとも言われています。
昆布や鰹節などの成分を十分に引き出せるのは、軟水です。
⇒⇒⇒浄水器を上手に活用するために知っておきたい7つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒浄水器に効果はある?浄水器の種類やコスト、正しい使い方を知ろう 詳しくはこちら
⇒⇒⇒電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら

硬水の場合、水に含まれるミネラルが旨味成分であるアミノ酸などと結合してしまい、旨味として近くされにくいそうです。
洋風スープのスープストックは、骨付きの牛肉や鶏肉などを香味野菜と共に煮込んで作ります。
このときに使う水は硬度の高い水のほうがよいと言われています。
ミネラル類がたんぱく質と結びついてアクとして抜けることで、澄んだおいしいスープが出来上がるそうです。

参考:https://www.suntory.co.jp/eco/teigen/jiten/life/03/

8. 飲料水 価格

市販されているペットボトルの飲料水には様々な価格のものがあります。
自分が本当においしいと思う水であれば、価格を気にせずに購入できることもあるかもしれません。
⇒⇒⇒ペットボトルのミネラルウォーターについて知ろう! 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら

しかし、おいしい水を飲みたくても、経済的な負担を考えてしまう方もいるでしょう。
毎日ペットボトルの飲料水を買うとなると月に大きな出費になりますから、価格は気にするのに越したことはないようです。
⇒⇒⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒おいしい水を飲みたい!おいしい水の条件や種類について知ろう 詳しくはこちら

1本あたりはたった数十円の差でも、積み重なれば大きな差になります。
また、毎日購入するのではなく、ほかの方法で代用することも可能です。
もちろん、熱中症になりそうなくらい水分補給が必要なケースでは、値段を気にしている場合ではないでしょう。
それでもその中で安い商品があればそっちを選ぶという方が多いようです。
⇒⇒⇒熱中症を予防するために知っておきたい6つのこと 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水分補給はなぜ大切?水分補給の量やタイミング、適した飲み物とは 詳しくはこちら

参考:https://www.crecla.jp/blog/2015/09/post-106.html

9. 飲料水 通販

暑い時期になると、コンビニや自動販売機でミネラルウォーターを買ってしまうことがよくあります。
でも、この行動を少し変えれば節約につながるのでは?と思いつき、ほぼ毎日飲むミネラルウォーターは通販でまとめ買いしたほうがお得であることに気が付きました。
ミネラルウォーターは毎日ゴクゴクとたくさん飲みますよね。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターを通販で買う3つのメリット 詳しくはこちら

健康を維持するために、成人では1日あたり約1.2ℓの水分を取ったほうがよいと言われています。
1か月に換算すれば、およそ36ℓの水を飲むことになります。
あまり意識することはないかもしれませんが、実は毎月36ℓ分の水の代金を払っていることになるのです。
⇒⇒⇒健康のための水の飲み方とは? 今日から始められる4つの方法 詳しくはこちら
⇒⇒⇒体と水の関係 体の水分量と1日の水の出入り 詳しくはこちら

自動販売機やコンビニで購入する500mlのミネラルウォーターを120円で購入するとして、36ℓでは8,640円になります。
一方2ℓあたり110円のミネラルウォーターをまとめ買いすれば、36ℓ分買っても1,980円です。
1か月の差額が6,660円ですから、1年では79,920円、およそ8万円の差が生じるということです!
スーパーでもまとめ買いをすることはできますが、重い水を自分で運ぶのは大変です。
ネット通販の場合には送料がかかることもありますが、自宅まで届けてもらえるので安心です。
⇒⇒⇒飲料水は通販で購入!そのメリットや注意点 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターを通販で買う3つのメリット 詳しくはこちら

参考:https://nomad-saving.com/12509/

10. 飲料水 賞味期限

飲用や料理などに使われるミネラルウォーター。
このミネラルウォーター、実は賞味期限があることをご存知ですか?
ミネラルウォーターのボトルには、賞味期限もきちんと記載されています。
多くのミネラルウォーターメーカーでは、賞味期限は何年の何月までといった大まかな表記になっています。
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒料理・飲み物は水で決まる!おいしい関係を築くためのキーワード 詳しくはこちら
⇒⇒⇒電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら

ミネラルウォーターの賞味期限はこの期間まではおいしく飲めるというものであり、細かい日にちまでは設定しなくてもよいと考えられているのです。
ミネラルウォーターをはじめとする水は、本来腐敗するものではありません。
「水が腐る」と言われることもありますが、それは水に含まれている有機物が変化するということです。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

密閉されたミネラルウォーターは腐敗することはありませんが、開封すると不純物が増えて腐敗しやすくなります。
また、未開封であっても風味自体が変化してしまうことは避けられません。
例えばペットボトルはわずかながら空気を通してしまうため、長期間保存しているとほかのもののにおいが移ってしまうことがあるのです。
こうした変化を踏まえ、一般家庭で保管したときに風味が保たれる最低限の期間が賞味期限なのです。
ミネラルウォーターの賞味期限は、1.5~2ℓのものが製造からおよそ2年、500mlのものがおよそ1年というのが一般的なようです。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターの賞味期限って?  詳しくはこちら

参考:https://www.alpina-water.co.jp/blog/mineralwater/991.html

11. 飲料水 備蓄

災害が発生してから救援体制が整うまでに3日ほどがかかると言われています。
その間は各家庭で備蓄された飲料水や食料で生命を維持することが求められます。
備蓄する飲料水の目安は、1人あたり1日3ℓを3日分と言われています。
家族4人であれば、36ℓということになります。
⇒⇒⇒飲料水を備蓄しよう!いざというときのための飲料水の備蓄の仕方 詳しくはこちら

人間は水分の摂取・排出を行うことで栄養分の吸収や不要なものの排出を行っています。
1日の摂取・排出量はどちらも2.5ℓと言われており、これに余裕を持たせて1日3ℓを目安としています。
水道水を保存する場合には、消毒のための塩素が消失されにくいようにする必要があります。
清潔な容器の口元までいっぱいに水道水を入れ、蓋をしっかりと閉めます。
常温では3日~1週間、冷蔵庫では1~2週間保存できます。
⇒⇒⇒水道水の塩素 なぜ必要?塩素の影響、除去する方法 詳しくはこちら
⇒⇒⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

容器入りの飲料水を保存する場合には、製品のラベルなどに記載されている賞味期限や保存方法をご確認ください。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら

参考:https://www.city.kusatsu.shiga.jp/kurashi/suidogesuido/suido/mizubichiku.html

参考文献:

アルピナウォーター
水道水とウォーターサーバーなど飲料水との違い|水道水は安全に飲める!?ウォーターサーバーなど飲料水との違い|生活救急車
ペットボトル・宅配水・浄水器どれがいいの?|水の徹底比較|クリクラノースランド
硬水と軟水の違いは?メリット・デメリット|アクアクララ
飲料や料理での水の活用|水大事典|Suntory
ペットボトルの飲料水!値段を気にして購入することがある?|ウォータージャーナル|クリクラ
スーパーやコンビニで買うよりも年間約8万円安くなる!2Lのミネラルウォーターをネット通販サイトでまとめ買いでお金も時間も節約|ノマド的節約術
ミネラルウォーターにも賞味期限はある?|ピュアウォーター研究所|アルピナウォーター
災害に備えた水の備蓄|草津市ホームページ

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket