便秘の種類とその原因 あなたはどのタイプ?

LINEで送る
Pocket

一口に「便秘」と言っても、その原因や症状によって
様々な種類があることをご存知でしょうか?GN021_L

「自分は便秘がちだ」と思っていても、
自分がどんなタイプで、
その原因は何なのかをきちんと理解している人は
意外と少ないかもしれませんね。

自分の便秘のタイプを知ることは、
良い解消法を見つけるための第一歩。
ここでは、便秘の種類とその症状や原因についてみていきたいと思います。

【おすすめページのご案内】
◆日本トリムが選ばれる7つの理由 (1L当り約6円の日本トリムの水素水) はこちら
◆電解水素水ってどんな水? 電解水素水の特徴と活用法 はこちら
◆整水器と浄水器の違い はこちら
◆整水器とウォーターサーバー 徹底比較! はこちら
◆妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子 はこちら
◆赤ちゃんの成長を応援! 0~12ヶ月(12ヵ月)までの月齢別赤ちゃん成長ナビ はこちら

目次

(1)器質性便秘と機能性便秘
  1-1器質性
  1-2機能性
(2)急性便秘と慢性便秘
  2-1急性
  2-2慢性
(3)慢性便秘の3つの種類
  3-1弛緩性
  3-2直腸性
  3-3痙攣性
(4)まとめ

(1)器質性便秘と機能性便秘

便秘は、「器質性便秘」と「機能性便秘」の2種類に大別できます。

1-1器質性

「器質」は、人体の器官の性質のこと。
つまり、腸管や胃、肛門の異常など、
器官の性質が原因となって起こる便秘を「器質性便秘」と呼びます。

このタイプには、先天的大腸過長症の人など、
先天的な性質として便秘になりやすい方が当てはまります。
そのほか、大腸がんや腸閉塞、腹膜炎などといった
腸の疾患、腹部の手術による腸管の癒着、子宮筋腫など他の臓器による腸の圧迫など、
後天的な理由による場合もあります。

症状としては、便の減少以外に腹痛や出血を伴うケースもしばしば。
いずれの場合にも、自己判断で薬などを使用していると症状を悪化させることもありますので、
早めに医療機関を受診するようにしましょう。

1-2機能性

一方、多くの人が悩まされているのは「機能性便秘」。

これは、排便の機能に何らかのトラブルが生じることによって起こるもの。
腸管などの器官自体には特に異常が生じているわけではないのですが、
食習慣や運動不足、ストレスなどが原因となり、消化~排便のメカニズムが乱れている状態です。

症状は便の回数や量の減少、残便感、お腹の張りなど。
薬も一時的には効果を表わしますが、根本的な解消法としては、
原因となっているものを見極め、改善する必要があります。

(2)急性便秘と慢性便秘

排便機能のトラブルによって起こる機能性便秘は、
さらに「急性」と「慢性」の2種類に分けることができます。

2-1急性(一過性)

「急性(一過性)便秘」は、文字通り急激かつ一時的に発症するもの。
原因としては次のようなものが考えられます。

・食生活の乱れ(食べ過ぎ、食物繊維の不足など)
・水分不足
・環境の変化などによるストレス
・薬の副作用

急性の場合には、便の減少や硬化などが見られるものの、大きな苦痛を伴うことは少なく、
また原因となっているものが解消されれば症状も自然と治まるのが一般的です。
しかし原因となるような行動を繰り返していると慢性化することもありますから、注意が必要です。

2-2慢性(習慣性)

一方、便秘がもはやクセになっている、また便秘と下痢を交互に繰り返すなどといった状態は
「慢性(習慣性)便秘」ということになります。

先にも述べたように、急性便秘の原因となるような行動を続けていることで
慢性化してしまうことも、しばしばあります。
そのほか年齢や性別、体型など、その方の性質が慢性的な便秘を引き起こすこともあります。

「いつものこと」で済ませているかもしれませんが、体の不調や重大な病気につながることもあり、
適切な対処が必要になります。

また下剤の常用は、腸の働きをさらに弱めたり、
便秘と下痢が交互に起こるなどのトラブルを引き起こすこともありますので注意しましょう。

(3)慢性便秘の3つの種類

慢性便秘は、その原因や特徴によってさらに
「弛緩性」「直腸性」「痙攣性」の3種類に分けることができます。

3-1弛緩性

「弛緩」の名が付けられているように、筋力が低下して腸が緩んでしまったり、
蠕動運動能力が弱くなることによって起こります。
便が腸の中に留まることによって、お腹の張りを感じることが多く、
それによって食欲が低下することもあります。

弛緩性便秘になりやすいと言われているのが、次のような人です。
・筋力が低下しやすい高齢者
・産後の女性
・運動不足の人
・下剤の乱用によって腸の機能が低下している人 など

このタイプの解消法としては、まず腹筋力を鍛えるということ。
食物繊維の含まれた食品を摂取するなどして、便の材料を増やし、
蠕動運動を刺激するというのも良い方法です。

3-2直腸性

直腸性便秘というのは、便が肛門付近の直腸部分まで到達しているにも関わらず、
きちんと排出されない状態。
これによって強い残便感を感じるほか、
硬い便が出たり、肛門に痛みが生じたりすることもあります。

最大の原因は、便意を我慢してしまうこと。
通常、私たちの体は、直腸に便が到達すると脳に信号が送られ、
「排便したい」気持ちが起こるようになっています。
ところが、このタイミングで排便を行わないと、便が直腸に留まることで水分が吸収されて硬化し、
排便されづらい状態になってしまうのです。
さらには、直腸に便が到達しても信号が送られにくくなり、慢性化につながります。

朝忙しくて排便をする時間が取れない、
自宅以外のトイレで排便ができないといった人は特に注意が必要。
毎日の生活の中で上手に排便のタイミングを作るなどして、予防することが大切です。

3-3痙攣性

「痙攣性便秘」は文字通り、腸が痙攣を起こしてしまうもの。
腸の運動が低下する弛緩性に対して、こちらは腸の運動が過敏になって起こるものです。

痙攣性便秘では、便秘と下痢が交互に起こることが多いのが特徴。
そのほか、残便感や便の減少、食欲の低下や激しい腹痛などを伴うこともあります。

原因として考えられることは次の通り。
・ストレス
・自律神経の乱れ
・不規則な生活
・刺激物の摂り過ぎ
・食物繊維の摂り過ぎ
・下剤の乱用 など

この場合には、腸の運動を高めるような薬を飲んだり食べ物を食べたりすると
逆効果になる恐れがありますので、まずはしっかりと体や心を休め、
腸の運動を正常に戻すことが大切です。

(4)まとめ

それでは最後に、便秘の種類についてまとめておきたいと思います。

・便秘を大きく分けると、器官の性質による「器質性」と
排便機能のトラブルによる「機能性」の2種類がある

・機能性便秘には、「急性(一過性)」と「慢性(習慣性)」とがある
・「弛緩性便秘」は、腸の筋力の緩みや蠕動運動の低下が原因となって起こるもの
・「直腸性便秘」は、便意の我慢などによって便が直腸に留まり排出されない状態
・「痙攣性便秘」は、ストレスなどにより腸が過敏になって起こるもの

【おすすめページのご案内】

◆日本トリムが選ばれる7つの理由 (1L当り約6円の日本トリムの水素水) はこちら
◆電解水素水ってどんな水? 電解水素水の特徴と活用法 はこちら
◆整水器と浄水器の違い はこちら
◆整水器とウォーターサーバー 徹底比較! はこちら
◆妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子 はこちら
◆赤ちゃんの成長を応援! 0~12ヶ月(12ヵ月)までの月齢別赤ちゃん成長ナビ はこちら
◆資料請求・お問い合せ はこちら

参考文献:

便秘解消サイト 便秘.jp
⇒ http://www.bempi.jp/benpitowa/benpitowa.htm
帝人ファーマ(株) 「便秘ってなぁに?」
⇒ http://www.teijin-pharma.co.jp/benpi/index.html
イチジク製薬株式会社 「便秘について」
⇒ http://www.ichijiku.co.jp/constipation/index.html

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>