RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリットを知ろう

LINEで送る
Pocket

「RO水」とはどんな水かご存知ですか?
清浄性の高さが特徴のRO水は、飲用や調理用、加工用など様々な場面で活用されるようになっています。
どんなふうに作られているの?
天然水との違いは?
メリットやデメリットは?
RO水について詳しく見ていきます。

⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒日本トリムの電解水素水整水器で楽しむ家庭料理レシピ  詳しくはこちら
⇒天然水ってどんな水? 天然水の定義と活用方法 詳しくはこちら

<目次>

RO水とは
RO水と天然水の違い
RO水のメリット・デメリット
 メリット
 デメリット
まとめ
※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ
2019年9月10日更新

浄水器

RO水とは

RO水とは、逆浸透膜(RO膜)を用いて作られた水のことです。
水道水などの原水を逆浸透膜(RO膜)でろ過することにより、水分子以外のほとんどすべての不純物を除去したのがRO水です。
そのため「純水」や「ピュアウォーター」などと呼ばれることもあります。
RO水はペットボトルなどの容器に入れられたものが販売されているほか、ウォーターサーバーの水としても用いられています。
また、食品加工や工業、医療など様々な分野でも活用されています。

⇒逆浸透膜(RO膜)って何?浄水器にも使われる逆浸透膜(RO膜) 詳しくはこちら
⇒ウォーターサーバーの水の種類-ミネラルウォーターとRO水 詳しくはこちら
⇒純水とは何か その定義や製造方法を知る 詳しくはこちら

RO水と天然水の違い

容器入りの水やウォーターサーバーの水としては、RO水と共に天然水がよく知られていますよね。RO水
先にも述べたように、RO水は主に水道水を逆浸透膜(RO膜)でろ過した水です。
一方の天然水は、地下水をくみ上げて沈殿・ろ過・加熱処理を行ったものを言います。
両者は原水・処理方法ともにまったく異なるものです。
どちらがよいということではなく、好みや用途によって適した水は変わりますので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
RO水の特徴について、この後の項目で詳しく見ていきます。

⇒天然水をおいしく飲もう!天然水とは、硬度、サーバーの使い方 詳しくはこちら

RO水のメリット・デメリット

RO水は天然水などのほかの水と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

RO水のメリット

RO水の大きな特徴は、清浄性の高さです。
逆浸透膜(RO膜)は、通常のフィルターでは取り除くことのできないイオンや金属、ウイルスなどもほとんどすべて除去することができます。
そのため、飲用はもちろん、赤ちゃんのミルク作りなどに活用している方も多くいます。
余計な物質が含まれていないので、料理や飲み物を作るのに使っても素材の味わいや香りを損ねる心配がありせん。

⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒赤ちゃんのミルクの作り方と、水の選び方 詳しくはこちら
⇒日本トリムの電解水素水整水器で楽しむ家庭料理レシピ  詳しくはこちら

RO水のデメリット

RO水は水に含まれるほとんどすべての物質が除去されていると言いましたが、水に含まれるミネラルも取り除かれることになります。
ミネラルは水に味わいを与える要素の一つです。
ですから、RO水は天然水と比べて味わいや香りの特徴は少なくなります。
また、ミネラルの補給といった面は期待できません。
RO水の中には、逆浸透膜(RO膜)で不純物を除去した後でミネラルを添加しているものもあります。

⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら

まとめ

それでは最後に、RO水についてまとめておきます。

・RO水は逆浸透膜を使って水道水などをろ過した水のこと
・RO水と天然水では原水や処理方法が大きく異なる
・RO水は清浄性が高いというメリットがある一方、味わいやミネラルの補給は期待できない

参考URL:

一般社団法人 浄水器協会 http://www.jwpa.or.jp/ro/index.html

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket