浄水器とウォーターサーバーの比較 サイズ・デザインで選ぶならどっち?

LINEで送る
Pocket

浄水器とウォーターサーバーのどちらがよいか悩んだときは、水質やコストのほか、機器のサイズやデザインも比較ポイントの一つとなります。
見た目や使い勝手といった実際の問題に関わることだからこそ、導入前にきちんと確認しておくことが大切です。

省スペースなのはどっち?
どんな場所に設置できる?
デザインはどう?

ここでは、サイズやデザインの面から浄水器とウォーターサーバーを比較してみたいと思います。

⇒浄水器っていいの?浄水器の種類やコスト、カートリッジの交換方法 詳しくはこちら
⇒浄水器を上手に活用するために知っておきたい7つのポイント 詳しくはこちら
⇒ウォーターサーバー 6つのメリットと5つのデメリット 詳しくはこちら

目次

浄水器のサイズ・デザイン
ウォーターサーバーのサイズ・デザイン
浄水器とウォーターサーバーのサイズ・デザインを比較しよう
まとめ
※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ
2019年9月6日更新

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

浄水器のサイズ・デザイン

浄水器は形状・サイズ別に以下のように分けることができます。

・蛇口直結型浄水器

蛇口に取り付けるタイプで、浄水器の中ではもっともコンパクトです。

⇒蛇口直結型浄水器とは? メリット・デメリット 詳しくはこちら
⇒蛇口一体型浄水器とは? メリット・デメリット 詳しくはこちら

・据え置き型浄水器

本体をシンク脇などに設置し、蛇口とホースで連結して使用するタイプ。
サイズは製品によって異なりますが、高さ・幅は30センチ前後、奥行は10センチ前後のものが多いようです。
形は長方形、筒状など様々あります。

⇒据え置き型浄水器とは? メリット・デメリット 詳しくはこちら

・アンダーシンク型浄水器

文字通りシンク下に設置するタイプの浄水器。取り付け工事などが必要ですが、設置スペースを省くことができます。

⇒アンダーシンク型浄水器とは? メリット・デメリット 詳しくはこちら

・元栓一体型浄水器

水道メーター以降の水道管に設置することで家中の水道で浄水を利用できるようにするタイプ。こちらも大掛かりな工事が必要ですが、シンク周りに設置スペースは必要ありません。

ウォーターサーバーのサイズ・デザイン

ウォーターサーバーには以下の2タイプがあります。

・床置きタイプのウォーターサーバー

床に置いて使うタイプ。
製品によって大きさは異なりますが、一般的なサイズは高さが約100~120センチ、幅・奥行が約30~35センチ。
底面が四角形タイプと円形タイプとがあり、これによっても収納の仕方が変わることがあります。

⇒ウォーターサーバーのサイズ・デザインをチェックしよう! 詳しくはこちら

・卓上タイプのウォーターサーバー

テーブルなどに置いて使うタイプ。
幅・奥行は床置きタイプと変わらず、高さのみが半分ほどになります。

⇒卓上ウォーターサーバー サイズやメリット・デメリットを知ろう 詳しくはこちら

ウォーターサーバーでは、サーバー本体のほかに未使用のボトルや空きボトル(ガロンボトルの場合)の保管場所が必要になることもあります。

浄水器とウォーターサーバーのサイズ・デザインを比較しよう

では、浄水器とウォーターサーバーをサイズ・デザイン面から比較するとどのようになるのでしょうか。

・設置スペースが小さくて済むのは浄水器

据え置き型以外の浄水器は、設置スペースをほとんど必要としません。2-1 ハイパー
その据え置き型浄水器も、ウォーターサーバーに比べれば設置スペースは小さくて済みます。
ウォーターサーバーは本体の設置スペースのほか、ボトルの保管場所なども必要となることがあります。
導入前に、どこに設置するのかきちんと確認しておくことが大切です。

・ウォーターサーバーは設置場所を選ばない

浄水器は水道と連結して使用するものですから、設置場所は自ずと決まってきます。
特に、据え置き型浄水器は蛇口とホースで連結する必要があり、シンク周りが手狭に感じられることがあります。
一方、ウォーターサーバーは設置場所を選びません。
キッチンのほか、リビング、寝室などといった場所で水を利用したい、家具の間にちょうど良いスペースがある、などの場合には都合がよいかもしれません。

・どちらもデザイン性を重視した製品が登場

浄水器とウォーターサーバー、近年はどちらもデザインを重視した製品が多く登場しています。
好みはもちろん、キッチンやお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことで、より長く楽しめると思います。

⇒浄水器の選び方 4つのポイントを徹底比較! 詳しくはこちら
⇒ウォーターサーバーの購入 6つのポイントをチェック 詳しくはこちら

まとめ

それでは最後に、浄水器とウォーターサーバーのサイズ・デザインについてまとめておきたいと思います。

・据え置き型浄水器は高さ・幅が30センチ前後、奥行きが10センチ前後、その他の浄水器は設置スペースがほとんど必要ない
・ウォーターサーバーは高さが約100~120センチ、幅・奥行が約30~35センチ(卓上型は高さが半分ほど)
・浄水器の方が設置スペースは小さいが、ウォーターサーバーは置き場所を選ばないという特長がある
・どちらもデザイン性に優れた製品が多くなっている

参考文献: 

一般社団法人 浄水器協会
⇒ http://www.jwpa.or.jp/
価格.com 浄水器・整水器
⇒ http://kakaku.com/kaden/water-filter/
健康のための正しい水の選び方 【安全な水を求めて】
⇒ http://j-water.jp/water-filter/
価格.com ウォーターサーバー比較
⇒ http://kakaku.com/waterserver/
Yahoo! Japanプレミアム 失敗しない!ウォーターサーバーの選び方
⇒ http://waterserver.yahoo.co.jp/
オリコン顧客満足度ランキング ウォーターサーバーの比較・口コミ
⇒ http://life.oricon.co.jp/rank_waterserver/

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket