アウトドアにもおすすめの浄水器!

LINEで送る
Pocket

浄水器は家の中だけで使うものではありません。
アウトドアにおいても、浄水器は重要なアイテムの一つ。
いざというときの飲み水確保のために、浄水器がなくてはならないものとなっているのです。
アウトドアにおすすめの浄水器は?
どんなふうに選んだらよい?
アウトドア用浄水器について詳しく見ていきます。

<目次>

アウトドア時の浄水器の必要性
アウトドア用浄水器の選び方
※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ
2019年5月9日更新

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

アウトドア時の浄水器の必要性

登山やキャンプなどのアウトドアを楽しむ方々にとって、今や浄水器はなくてはならないものとなっています。
屋外で活動を行う際には、飲み水の確保が重要な課題となります。
容器入りのミネラルウォーターを携帯する方も多いと思いますが、重かったり、それだけでは足りなかったりすることもありますよね。
いざという場合には河川の水などを飲まなければならず、衛生面が気になります。
そこで必要となるのが、浄水器です。
アウトドア用の浄水器は、家庭で使われる一般的な浄水器とは異なります。
持ち運びができることが前提であり、浄水する水も水道水とは異なります。
最近ではアウトドア用浄水器が数多く販売され、人気を集めるようになっています。
また、災害時などの備えとしてアウトドア用浄水器を購入する方も増えているようです。

アウトドア用浄水器の選び方

アウトドア用浄水器には様々な種類があります。
どのような場面でどのように使うのかをよく考えた上で適したものを選ぶことが大切です。

アウトドア用浄水器の形状

アウトドア用浄水器には、ポンプタイプ、吊り下げタイプ、ボトルタイプ、ストロータイプなどがあり、アウトドア浄水器
それぞれ浄水の方法や時間、生成できる量などが異なります。
登山などで携帯するには、ボトルやストローなどのコンパクトタイプが便利です。
一方キャンプなど大人数で浄水を利用する場合には、ポンプタイプなどが便利です。
吊り下げタイプは力を使わなくても自然と浄水される点がメリットですが、時間がかかるというデメリットもあります。
それぞれの特徴を踏まえた上で、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

アウトドア用浄水器のろ材

アウトドア用の浄水器のろ材には、活性炭や不織布、イオン交換樹脂などが用いられています。
一般的な浄水器は、水道水に含まれる残留塩素などを除去してよりおいしい水を生成することを目的としています。
一方アウトドア用浄水器は、雨水や河川の水に含まれる細菌などを取り除き、飲用に適した水に変えるものでなければなりません。
ろ材によって除去可能な物質や除去率なども異なりますので、しっかりと確認する必要があります。
アウトドア用浄水器の場合にも、一定期間ごとにカートリッジの交換が必要です。
汚れのひどい水をろ過した場合には、交換時期でなくても交換が必要になることがあります。

参考URL:

一般社団法人 浄水器協会 http://www.jwpa.or.jp/

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ

LINEで送る
Pocket