水素吸入器について知ろう!

LINEで送る
Pocket

水素吸入器ってどんなものかご存知ですか?
水素吸入器は水素を摂取するための新たな方法として今注目を集めるようになっています。
どんなふうに使うの?
メリット・デメリットは?
水素吸入器について詳しく見ていきます。

<目次>

水素吸入器とは
水素水吸入器の種類
水素吸入器のメリット・デメリット
※ 関連ページへのリンク
※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ
2019年5月8日更新

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

水素吸入器とは

水素水を飲用しているという方、増えていますよね。
アルミパウチなどの容器に入れられたものや、携帯・据え置き型の生成器など、様々な製品が人気を集めています。
そんな中、水素を摂取する方法として新たに注目を集めているのが、水素吸入器です。電解水03
水素吸入器は、水素ガスを吸入するための機器。
水素水は、水素ガスが溶け込んだ水を飲用するというものですが、水素吸入器は水素ガスを直接吸入することができるようにしたものです。
元々は業務用としてエステや医療施設などで使われていましたが、最近ではコンパクトな家庭用吸入器も登場し、人気を集めるようになっています。

水素吸入器の種類

水素吸入器にも様々な種類があります。
選ぶ際のポイントをいくつか挙げておきます。

・形状

水素吸入器は、製品によって大きさ・形状が様々。
テーブルなどに置いて使うタイプのものもあれば、持ち運びができるタイプもあります。
自分がどんなふうに使うか、設置スペースはどのくらいか、性能はどうか、様々な点と合わせて比較検討するようにしましょう。

・生成方法

水素ガスの生成方法は、水素水と同じく水を電気分解して水素を発生させるものが主流となっています。
水素濃度については製品によって異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

・吸入方法

水素吸入器には、水素ガスを鼻から吸うタイプと、口から吸うタイプとがあります。
どちらがよいということはありませんが、自分にとって使いやすいタイプを選ぶことが大切です。

・水素水も生成可能か

水素吸入器の中には、水素ガスだけではなく、水素水を生成することができる製品もあります。
水素水も飲用してみたいという方はこのタイプがおすすめです。

水素吸入器のメリット・デメリット

最後に、水素水吸入器にはどのようなメリット・デメリットがあるのかということを確認しておきましょう。

まず、より手軽に水素を摂取できるというのが吸入器の魅力です。
水素水の場合、一般的に1日あたり500ml~1ℓを目安に飲んだほうがよいと言われますが、この量を毎日飲むのは大変という方もいるかもしれません。
そういう方であっても、水素吸入器を使えばより簡単に体内に水素を取り入れることができます。

一方、水素吸入器は本体価格が10~20万円と高めです。
本体のほか、電解補助剤やバッテリーなどがランニングコストとして発生するものもあります。
ただし毎日継続的に使うことを考えれば、1日あたりのコストはそれほど大きなものではありません。
どのくらい使用するのか、導入前によく確認することが大切です。
また、水素吸入器の中には日常的なメンテナンスが必要な製品もありますので、お手入れ方法についてもあらかじめチェックしておきましょう。

※ 関連ページへのリンク

電解水とは
弱酸性電解水(弱酸性次亜塩素酸水)ってどんな水?

参考文献:

水素水完全ガイド http://suisorich.com
水素水ガイド https://www.h2h2o.net

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ

LINEで送る
Pocket