天然水素水ってどんなもの?

LINEで送る
Pocket

水素水には様々な種類があります。
私たちが普段見かける水素水は人工的につくられたものがほとんどですが、中には「天然水素水」と呼ばれるものもあります。
人工の水素水とはどう違う?
どんなふうに使えばいい?
天然水素水について詳しく見ていきます。

<目次>

天然水素水とは
天然水素水ってどうなの?
※ 関連ページへのリンク
2019年2月15日更新

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

天然水素水とは

私たちが普段よく目にする水素水は、人工的につくられたものがほとんどです。
例えばアルミパウチの水素水は、ミネラルウォーターなどに直接水素ガスをバブリングしています。
金属マグネシウムを主成分としたスティックを飲用水に入れることによって水素水を生成するタイプの製品も人気ですよね。
自宅に設置する人も増えている水素水生成器は、主に電気分解によって水素を発生させています。

これら人工の水素水に対して、天然の水素を含んだ水のことを「天然水素水」言います。
遥か昔から、世界の様々な場所に天然水素水と呼ばれる水が存在していました。
ドイツのノルデナウ地方の洞窟から湧き出る「ノルデナウの水」。
そしてフランスのピレネー山脈のふもとにある「ルルドの泉」。
メキシコのトラコテという町の井戸水、「トラコテの水」。
日本では、大分県日田市の「日田天領水」などが天然水素水と呼ばれています。
天然水素水は、ペットボトルなどの容器に入れられたものが飲用水として販売されています。

天然水素水ってどうなの?

天然水素水は人工の水素水よりもいいの?ミネラルウオーターの産地
ペットボトルで水素が抜けてしまう心配はないの?
そんなふうに思われる方も多いかもしれません。
一般的に、天然水素水に含まれる水素は、人工的につくられた水素とは性質が異なると言われています。
天然水素水の中に水素がどのような状態でどのくらい含まれているのか、明らかになっていない部分もあります。
天然水素水だからよい・悪いということではなく、どのような水なのかということをしっかり確認した上で利用することが大切です。
また、天然水素水と呼ばれる水には、水素以外にも、各種ミネラルなどが含まれているものもあります。
それらの特徴や味わいなどを踏まえた上で、自分に合ったものを利用するようにしましょう。
⇒⇒⇒天然水素水ってどうなの? 詳しくはこちら

※ 関連ページへのリンク

水素水 3つの作り方
日本トリムの水素水とは

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ

⇒⇒⇒ 整水器関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 浄水器関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ ウォーターサーバー関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ おいしい水関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ ミネラルウォーター関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 水素水&電解水関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 健康生活関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 運動・スポーツ関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 美容関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 便秘解消関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 胃もたれ解消関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 生活習慣病関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 妊婦さんと赤ちゃん関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 料理・飲み物関連ページへのリンク集はこちら
⇒⇒⇒ 日本トリムの家庭料理レシピ関連ページへのリンク集はこちら

参考文献:

水素水完全ガイド http://suisorich.com

LINEで送る
Pocket