電解水素水でコーヒーを楽しもう!

LINEで送る
Pocket

皆さんは、コーヒーを淹れるときの水にこだわっていますか?
豆や淹れ方にこだわっている方は多いかもしれませんが、水もコーヒーの風味を左右する重要なポイントの一つです。
ここでは、電解水素水を使ったコーヒーの楽しみ方をご紹介します。

<目次>

コーヒーを淹れるときの水
電解水素水でコーヒーを淹れよう
電解水素水を使ったコーヒーの淹れ方

水素水&電解水関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒
日本トリム&整水器関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

コーヒーを淹れるときの水

コーヒーはおよそ99%が水でできています。
ですから、どんな水で淹れるかということが非常に重要。
コーヒーの繊細な香りや味わいを生かすも殺すも水次第と言っても過言ではありません。

私たちの身の回りには、様々な水があります。
もっとも身近な水は水道水ですが、消毒のために用いられている塩素がコーヒーの風味に影響を与えることもあると言われています。
そのため、浄水器を通した水を使う方もいます。
ミネラルウォーターでコーヒーを淹れる場合には、硬度に気を付ける必要があります。
ミネラルがあまり含まれていない軟水はコーヒーの風味に影響を与えることは少ないとされていますが、硬水の場合、含まれているマグネシウムやカルシウムがコーヒーの味に影響することもあるようです。

豆や淹れ方にはもちろん、水にもこだわって本当においしいコーヒーを楽しんでいただきたいと思います。

電解水素水でコーヒーを淹れよう

コーヒーを淹れるときの水としておすすめしたいのが、電解水素水です。
電解水素水とは、整水器(家庭用電解水生成器)を用いて水道水を電気分解することにより陰極側に生成される水です。
電解水素水には、次のような特長があります。

・清浄である

整水器には、水道水から残留塩素や不純物を除去する浄水機能が付いています。
清浄性の高い電解水素水なら、コーヒーの持つ繊細な風味を損なう心配がありません。

・抽出力に優れている

電解水素水は抽出力に優れており、素材の持つ味や香りを引き出しやすいと言われています。

・コストや手間が少ない

水が重要とはわかっていても、ミネラルウォーターやウォーターサーバーはコストや手間が気になる…という方も多いのではないでしょうか。
電解水素水なら、整水器を設置するだけで水道水と同じように手軽にたっぷりとお使いいただくことができます。
⇒⇒⇒電解水素水でコーヒーを淹れよう 詳しくはこちら

電解水素水を使ったコーヒーの淹れ方

では、実際に電解水素水を使ったコーヒーの淹れ方を見ておきましょう。

まず、電解水素水をやかんなどに汲み入れ、一度しっかりと沸騰させます。
沸騰したら火を止めて、少し落ち着かせてから使います。
カップや器具などもあらかじめお湯で温めておくのもポイントです。

ペーパードリップを使う場合には、人数分の粉を計って入れた後、上からお湯を注いで20秒ほど蒸らします。
粉が膨張したら、泡が消えないうちに「の」の字を描くようにお湯を注ぎましょう。
これを数回繰り返します。

初めて飲む場合は、コーヒーや電解水素水の分量、抽出時間など、パッケージに記載されている通りに淹れるのがおすすめです。
慣れてきたら好みに合わせて変えてみるのもよいと思います。

また、今話題の水出しコーヒーを淹れる際にも、電解水素水はおすすめです。
じっくりと時間をかけて抽出する水出しコーヒーならではの旨みを楽しんでみてはいかがでしょうか。

水素水&電解水関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒
日本トリム&整水器関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp
一般社団法人全日本コーヒー協会 http://coffee.ajca.or.jp/

LINEで送る
Pocket