アルミパウチの水素水 種類と特徴

LINEで送る
Pocket

アルミパウチタイプの水素水を飲用している方が増えています。
持ち運びができる手軽さが魅力のこのタイプ。
どんな種類がある?
ほかの水素水と比べたメリットやデメリットは?
アルミパウチの水素水について詳しく見ていきます。

<目次>

アルミパウチの水素水とは
アルミパウチの水素水 メリット・デメリット

水素水&電解水関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒
日本トリム&整水器関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

アルミパウチの水素水とは

アルミパウチの水素水は、容器入りの中でも多く見られるタイプです。
水素分子は非常に小さく、ペットボトルなどの容器ではすぐに拡散してしまうため、気密性の高いアルミパウチ容器が採用されるようになっているのです。
アルミパウチ容器には、そのまま飲むことができるようプラスチックの飲み口が付いたものと、飲み口のない密閉袋とがあります。
後者は飲み口の部分からわずかでも水素が逃げてしまわないようにと工夫されているものですが、飲む際にはグラスなどに注がなければならず、また一度に飲み切らなければならないため、携帯用としてはやや不便かもしれません。

アルミパウチの水素水では、飲用水に直接水素ガスを充てんする製法が多く取られています。
原水には天然水をはじめとするミネラルウォーターが使われているものが多く、それによって製品ごとに味わいが異なるのがこのタイプの特徴となっています。
価格は500mlあたり200~500円程度と、一般的なミネラルウォーターと比べるとやや高めです。
200ml前後や300ml前後の少量タイプもあります。
ドラッグストアのほか、通販でも様々な製品が販売されています。
まとめ買いをすることでよりお得に購入できる場合もありますので、チェックしてみるとよいかもしれませんね。
⇒⇒⇒アルミパウチの水素水とは 詳しくはこちら

アルミパウチの水素水 メリット・デメリット

アルミパウチの水素水は、ほかの水素水と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

アルミパウチをはじめとする容器入り水素水の最大のメリットは、持ち運びができるということ。
オフィスでも、旅先でも、飲みたいと思ったときにいつでも水素水を飲むことができます。
自分で水素水を作ったり、容器や機器をお手入れしたりといった手間もかかりません。
試しに水素水を飲んでみたいという方でも、もっとも利用しやすいタイプと言えるかもしれませんね。

反面、継続的に水素水を飲むとなると、アルミパウチなどの容器入りタイプはコストが大きくなります。
毎日たっぷりと水素水を飲みたいという方であれば、生成器やサーバーを導入したほうがお得になることもあります。
また、水素が抜けにくい構造になっているとは言え、製造から時間が経つと水素濃度が低下してしまう可能性があります。
まとめ買いする場合にも、表示されている賞味期限に従いなるべく早く飲む必要があります。
開封したものに関しても、早めに飲み切ったほうがよいとされているため、一度に飲み切れる容量のものを選ぶことをおすすめします。
⇒⇒⇒アルミパウチの水素水 メリット・デメリット 詳しくはこちら

水素水&電解水関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒
日本トリム&整水器関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒

参考文献:

水素水完全ガイド http://suisorich.com

LINEで送る
Pocket