水素水にはデメリットはある?

LINEで送る
Pocket

今、水素水を飲用する人が増えていますよね。
飲んでみたいけれど、副作用やデメリットはないの?と気にされている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、水素水のデメリットや注意点について見ておきたいと思います。

⇒水素水の飲み方や作り方!電解水素水の特性 詳しくはこちら
⇒電解水素水の効果とは? 詳しくはこちら

<目次>

水素水に副作用はある?
水素水のデメリットとは
※ 関連ページへのリンク
※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ
2019年9月13日更新

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

水素水に副作用はある?

水素水には副作用はないの?
飲みすぎても問題はない?
と心配されている方もいるのではないでしょうか。

一般的に水素水による副作用の心配は少ないと言われていますが、飲み始めは体調の変化を感じる方もいます。
初めて水素水を飲む場合はコップ一杯程度から始めると共に、異変を感じた場合には使用を中止するようにしてください。

また、何事もやり過ぎはよくありません。
水素水は水ですから、飲みすぎれば当然トイレが近くなります。
また、水だけを過剰に摂取することによって体内の水分と塩分のバランスが崩れ、「水中毒」と呼ばれる低ナトリウム血症に陥る危険性も指摘されています。
水素水は1日500ml~1ℓを目安に、少量ずつこまめに飲むようにしましょう。

⇒電解水素水の効果とは? 詳しくはこちら
⇒一日の水分補給、5つのタイミング 詳しくはこちら

水素水のデメリットとは

では、水素水にはデメリットはないのでしょうか。

水素水を利用する上でのデメリットの一つが、コストがかかるということです。水分補給の効果 ① 
容器入りの水素水は、500mlあたり200~500円とミネラルウォーターと比べても高めになっています。
水素水は継続的に飲用するものですから、その分コストも大きくなってしまいます。
水素水生成器は本体価格が数万~30万円程度と高いのがデメリットですが、一度購入してしまえばランニングコストはほとんどかからないため、コストを気にせず毎日たっぷりと使いたいという方にはおすすめです。
⇒水素水の価格は? 詳しくはこちら
⇒ペットボトルの水素水ってどうなの? 詳しくはこちら
⇒水素水生成器を使おう! 詳しくはこちら

また、水素水のデメリットとして、水素が抜けてしまいやすいという話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
確かに、水素水の水素は時間の経過とともに抜けてしまうと言われています。
容器入りの水素水は、ペットボトルやアルミ缶よりもアルミパウチがもっとも水素を逃しにくいと言われています。
⇒ペットボトルの水素水ってどうなの? 詳しくはこちら
⇒アルミパウチの水素水 種類と特徴 詳しくはこちら

また開封後はしっかりと封をし、なるべく早く飲み切るのがおすすめです。
より水素を効果的に摂取したいという方は、スティックタイプや生成器など、出来立ての水素水を飲むことができるタイプを利用するのがおすすめです。
⇒水素水スティックってどんなもの? 詳しくはこちら
⇒電解水素水整水器ってどんなもの? 詳しくはこちら

どんなものにも、メリットがあればデメリットもあります。
デメリットを最小限にできる方法を考えて、上手に水素水を活用したいですね。
⇒水素水と電解水素水のメリット! 詳しくはこちら
⇒3つの電解水の特性と可能性を探る 詳しくはこちら

※ 関連ページへのリンク

水素水 3つの作り方
アルミパウチの水素水 種類と特徴
水素水と電解水素水のメリット!

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp
水素水完全ガイド http://suisorich.com/

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ

LINEで送る
Pocket