水素水を4つのポイントで比較!

LINEで送る
Pocket

水素水っていろいろな種類があるけれど、どれを選んだらいいの?と思っている方も多いのではないでしょうか。
水素水を比較する際のポイントはいくつかありますが、ここでは4つの比較ポイントをご紹介。
様々な水素水を比較して、自分にぴったりのものを見つけましょう!

<目次>

水素水のタイプを比較
価格を比較
生成方法を比較
水素水の濃度を比較

水素水&電解水関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒
日本トリム&整水器関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒

日本トリムの電解水素水整水器 ハイパー

水素水のタイプを比較

水素水のタイプは大きく分けて、容器入り、スティック、生成器(サーバー)の3つに分けられます。
それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

   メリット デメリット 
 容器入り  持ち運びができる
 好みの味のものを選べる
 その都度購入する必要がある
 封を開けると水素が抜けやすい
 スティック  作りたてを飲むことができる
 携帯も可能
 手間や時間がかかる
 生成器・サーバー  好きなときに好きなだけ飲める
 家族全員で使うことができる
 設置工事やスペースが必要

外出先で使うのか、自宅で使うのか、時間や手間をかけてもよいのか、いつでも手軽に飲めるほうがよいのか、実際に使う場面をイメージしながら、自分に合うタイプの水素水を選ぶことが大切です。
⇒⇒⇒水素水のタイプを比較 詳しくはこちら

水素水の価格を比較

水素水を比較する上では、価格も重要なポイントの一つですよね。
水素水は、タイプによって価格も大きく異なります。
一般的に、容器入りの水素水は500mlあたり200~500円程度、スティックタイプは1本あたり数百円~1000円程度、水素水生成器やサーバーは数万~30万円程度となっています。
水素水がどんなものか試してみたいという方であれば、まずは容器入りやスティックタイプから始めてみるのもよいかもしれません。
毎日水素水を飲みたい、家族全員で使いたいといった場合には、思い切って生成器を購入することでランニングコストを気にせずたっぷり使うことができるかもしれませんね。
もちろんただ価格が安ければよいということではなく、品質やアフターサポートなどを含めて比較することが大切です。
⇒⇒⇒水素水の価格を比較 詳しくはこちら

水素水の生成方法を比較

水素水は、生成方法にも違いがあります。
容器入りなどに多く用いられているのは、水に直接水素ガスをバブリングするという方法です。
原水にはミネラルウォーターなどが使われていることが多く、原水の違いによる味の違いが生まれることもあります。
スティックタイプは、金属マグネシウムと水を反応させることにより水素水を生成するという仕組みです。
製品によって生成時間や使用回数などが異なるため、あらかじめよく比較する必要があります。
水素水生成器には、水を電気分解することにより水素水を生成するというタイプが多くなっています。
その中でも整水器と呼ばれる家庭用電解水生成器は、医薬品医療機器等法において胃腸症状改善に効果が認められた医療機器です。
医療機器として認証された整水器には承認(認証)番号が付与されています。
⇒⇒⇒水素水の生成方法を比較 詳しくはこちら

水素水の濃度を比較

せっかく水素水を飲むのですから、水素濃度についてもきちんと比較することが大切です。
水素水の濃度は通常ppmで表されます。
ppmとは百万分の一ということで、1ppmは1ℓの中に1mgの水素が含まれるということになります。
一般的に濃度が高いほうがよいと言われますが、通常の気圧(1気圧)での水素飽和濃度は約1.6ppmであり、それ以上にはできないとも言われています。
また、生成時には高濃度であっても、開封したり時間が経ったりすると水素が抜けてしまう場合もありますので、どのように使用するのかということもきちんと確認する必要があります。
⇒⇒⇒水素水の濃度を比較 詳しくはこちら

水素水&電解水関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒
日本トリム&整水器関連ページへのリンク集はこちら ⇒⇒⇒

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp

LINEで送る
Pocket