整水器はデザインも重視!

LINEで送る
Pocket

整水器を選ぶ際の重要なポイントの一つが、デザイン。
整水器は近年キッチンインテリアとしても注目を集めるようになってきました。
もちろん性能や価格もきちんと確認する必要がありますが、長く使うものですから、気に入ったデザインのものを選びたいですよね。
ここでは、デザイン性に優れたおすすめの整水器をご紹介したいと思います。

<目次>

整水器のデザインをチェックしよう!
デザイン性を重視した整水器

【※】クリック ⇒⇒⇒日本トリム・整水器関連ページへのリンク集 クリック⇒⇒⇒

ハイパー 1 

整水器のデザインをチェックしよう!

家電はデザインを重視して選びたいという方も多いのではないでしょうか。

整水器はほかの家電と比べて種類はそれほど多くありませんが、デザインの違いはあります。
据え置き型整水器の場合、形状や大きさに加え、本体の色も様々です。
シンプルな白、モダンな黒、シルバーなどのメタリックカラーと、色によって印象は大きく変わります。
アンダーシンク型整水器の場合には本体はシンク下に収納されて見えませんので、あまり存在感を出したくないという方にはおすすめです。
また、専用の水栓の設置や付け替えが必要になる場合がありますので、水栓のデザインにこだわるという方もいます。

整水器で重要なのは、本体のデザインだけではありません。
電解水素水や浄水、酸性水といった水の切り替えを行う操作部分、生成中の水の種類などを知らせる表示部分のデザインも、製品によって異なっています。
大きくて見やすい、操作がしやすいといったことに加えて、機械的過ぎないデザイン性も重要なポイントとなっています。

整水器は自分の目にはもちろん、自宅に来たお客様の目にも見えるもの。
暮らしに馴染むようなデザインの整水器を見つけて、長く快適に楽しんでいただきたいと思います。

デザイン性を重視した整水器

ここでは、整水器トップメーカー日本トリムの製品から、デザインにこだわったおすすめの整水器をご紹介します。

TRIM ION GRACE

日本トリムの電解水素水整水器TRIM ION GRACEの特長は、その名にふさわしい上品で洗練されたデザイン。
これまでのTRIM IONのイメージを一新する黒いボディに美しい液晶が印象的。
やや丸みを帯びた形状が、モードな中にも温かみを添えています。
スイッチを押すだけで電解水素水・浄水・酸性水の切り替えが可能で、それぞれ青色・緑色・オレンジ色が点灯して生成中の水の種類を教えてくれます。
電解水素水モードの際には溶存水素濃度(目安)も表示されるので安心。
まさに性能・デザイン性の両方に優れた整水器です。

TRIM ION GRACIA

TRIM ION GRACIAは、シンク周りをすっきりとさせたい方に人気のアンダーシンク型整水器。
ヨーロッパ最大の水栓金具メーカー、ドイツ・グローエ社とのコラボレーションにより、洗練されたデザインを実現しました。
1つの水栓で電解水素水・浄水・酸性水・水道水を使い分けることができ、お水の切り替えはタッチパネルで簡単操作。
電解水素水生成時には、メロディーとランプでお知らせしてくれます。
ホースを引き出せばハンドシャワーにもなり、シンク周りのお手入れにも便利!
よりスタイリッシュに整水器を使いたいという方におすすめの製品です。

【※】クリック ⇒⇒⇒日本トリム・整水器関連ページへのリンク集 クリック⇒⇒⇒

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp

2018年11月8日更新

LINEで送る
Pocket