整水器の水のpH

LINEで送る
Pocket

整水器は、水道水を電気分解する機器です。
これにより、弱アルカリ性を示す水と、弱酸性を示す水とが生成されます。
では、それぞれの水のpHはどのくらいなのでしょうか。
そもそもpHとはどのようなものなのでしょうか。
整水器の水のpHについて解説したいと思います。

<目次>

pH(ピーエイチ)とは
整水器でつくられる水のpH

【◆】クリック ⇒⇒⇒日本トリム&整水器関連ページへのリンク集 クリック⇒⇒⇒

ハイパー 1 

pH(ピーエイチ)とは

pHとは、水素イオン指数(水素イオン濃度の指標)のこと。
以前は「ペーハー」と呼ぶこともありましたが、最近は「ピーエイチ」と呼ばれるようになっています。
液性、すなわち液体が酸性なのかアルカリ性なのかを示す物差しとなるのがpHです。

pHは0~14までの数値で表し、7が中性、それよりも数字が小さいものは酸性、大きいものはアルカリ性です。
数字が小さくなればなるほど酸性の度合いが強く、大きくなればなるほどアルカリ性の度合いが強いということになります。

身近なものでは、醤油がpH5前後、レモンや胃酸がpH2前後と、酸性の液体にはすっぱく感じられるものが多いです。
一方、重曹がpH8前後、石鹸水がpH9~10前後と、アルカリ性の液体は苦みのあるものや、触るとぬるぬるするものが多くなっています。
私たちが使っている水道水は、水道施設の腐食等を防止する観点から、中性付近(pH5.8~8.6)であるよう水質基準項目として定められています。

整水器でつくられる水のpH

では、整水器でつくられる水のpHはどのようになっているのでしょうか。

まず、水道水を電気分解することによって陰極側に生成されるのが、電解水素水です。
この水はpH9~10程度の弱アルカリ性で、飲用可能な水です。
10を超えるような強アルカリ性の水は飲用できません。
多くの整水器ではpH値の調整ができるようになっていますので、8程度から飲み始め、慣れてきたら徐々にpH値を上げていくようにしましょう。

一方の陽極側に生成されるのは、酸性水です。
pH4~6程度の弱酸性水で、飲用に用いることはできませんが、洗顔や洗い物などには使用可能です。

整水器でつくられる水の実際のpH値は、お住いの地域の水道水質によって変わることがあります。
初めて使う際、また使い始めてからも定期的に、付属の測定キットを使ってpH値を確認するようにしてください。
⇒⇒⇒ 整水器でつくられる水のpH 詳しくはこちら

【◆】クリック ⇒⇒⇒日本トリム&整水器関連ページへのリンク集 クリック⇒⇒⇒

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp
東京都水道局 https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/

2018年10月31日更新

LINEで送る
Pocket