ビルトイン(アンダーシンク)型整水器とは

LINEで送る
Pocket

ビルトイン(アンダーシンク)タイプの整水器を導入する人が近年増えてきています。
どんなふうに使うの?
価格はどのくらい?
工事は必要なの?
ビルトイン(アンダーシンク)型整水器の特徴を詳しく見ておきます。

<目次>

ビルトイン(アンダーシンク)型整水器とは
メリット・デメリット

【◆】クリック ⇒⇒⇒日本トリム&整水器関連ページへのリンク集 クリック⇒⇒⇒

ハイパー 1 

ビルトイン(アンダーシンク)型整水器とは

ビルトイン(アンダーシンク)型整水器とは、本体をシンク下に組み込むタイプの整水器です。
それまでの水栓とは別に専用の水栓を取り付けるものと、水道水と生成水の切り替えができる水栓に付け替えるものとがあります。
後者は1本の水栓で水道水とお湯、電解水素水・酸性水・浄水の切り替えができるほか、ハンドシャワーが付いたタイプなどもあり、よりスマートに整水器を使いたいという方に人気。
水の切り替えは水栓のタッチパネルなどでできるようになっています。

ビルトイン(アンダーシンク)型整水器のカートリッジは、活性炭とろ過膜を組み合わせたものなどが多く用いられています。
交換頻度は1年に1回程度。
交換時期をランプなどでお知らせしてくれる製品もあります。
交換方法はそれほど難しくなく、自分でできる場合がほとんどです。

ビルトイン(アンダーシンク)型整水器の大きさは、高さ・幅30cm前後、奥行10~20cm前後と、据え置き型整水器と比べてやや大きいですが、シンク下に収納されるため、存在感はほとんどありません。
価格は製品によっても異なりますが、20~40万円程度と、据え置き型整水器と比べて高めです。
取り付けには業者による工事が必要であり、工事費用が別途発生することもあります。

メリット・デメリット

それでは、ビルトイン(アンダーシンク)型整水器にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ビルトイン(アンダーシンク)型整水器は本体をシンク下に収納できるため、シンク周りをすっきりとさせられるというのが最大のメリットです。
ホースなどの連結部品もないので、シンク周りがごちゃごちゃするのが嫌だという方にはおすすめです。
本体が大きい分、浄水能力や取水量は大きく、たっぷりとお水を使いたいという方にも安心してお使いいただけます。

一方でビルトイン(アンダーシンク)型整水器を導入する際には、価格や工事の必要性がネックになります。
気軽に導入するというわけにはいきませんから、本当に必要かどうか、機能はどうか、工事費用を含めてどのくらいのコストがかかるのかといったことをきちんと確認しておく必要があります。
最近では、リフォームや新築の際にビルトイン(アンダーシンク)型整水器を導入する方も増えているようです。
⇒⇒⇒ メリット・デメリット 詳しくはこちら

【◆】クリック ⇒⇒⇒日本トリム&整水器関連ページへのリンク集 クリック⇒⇒⇒

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp

2018年11月13日更新

LINEで送る
Pocket