据え置き型整水器とは

LINEで送る
Pocket

据え置き型整水器は、もっとも一般的なタイプの整水器です。
仕組みやサイズ、価格は?
メリットやデメリットは?
据え置き型整水器の特徴を詳しく見ておきます。

<目次>

据え置き型整水器とは
メリット・デメリット

【◆】クリック ⇒⇒⇒日本トリムと整水器関連ページへのリンク集 クリック⇒⇒⇒

ハイパー 1 

据え置き型整水器とは

据え置き型整水器とは、本体をシンク脇に設置したり、壁に掛けたりして使うタイプの整水器です。
整水器の中ではもっとも普及しているタイプになります。

据え置き型整水器は水道蛇口とホースなどで連結して水を通し、電気分解を行います。
取水の仕方は大きく2つ。
1つは、生成された水が本体の取水ホースから出てくるタイプ。
ホースは蛇腹状になったものが多く、様々な容器への汲み入れも手軽にできます。
もう1つは、整水器と蛇口をつなぐホースが入水側と出水側に分かれており、入水ホースを通って整水器内へ運ばれた水が、出水ホースを通って蛇口から出てくるというタイプです。
本体はシンクから離して設置することもでき、それまで同様水道蛇口から水をくみ出せるので便利です。

浄水カートリッジには、活性炭と中空糸膜を組み合わせたものなどが多く用いられています。
カートリッジの交換頻度は1年に1回程度。
交換時期をランプなどでお知らせする機能が付いたものもあります。

据え置き型整水器のサイズは標準的なもので高さ25~35cm前後、幅20~30cm前後、奥行き10~20cm前後。
本体には、水の切り替えボタンや、生成水の種類などを表示する液晶画面が付いたものも多くなっています。
価格は5万円~30万円程度と、製品によって異なります。
業者による設置工事が必要な場合には、別途工事費用が発生することもあります。
⇒⇒⇒ 据え置き型整水器とは 詳しくはこちら

メリット・デメリット

それでは、据え置き型整水器にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

据え置き型整水器は、ビルトイン型(アンダーシンク型)整水器と比べて一般的に価格が安いです。
また、通常大掛かりな工事などは必要なく、手軽に取り付けられるというのが魅力になっています。
初めて整水器を利用する方にとっても、試してみやすいのではないかと思います。
据え置き型整水器は種類も豊富なので、様々な製品を比較して気に入ったものを選ぶこともできます。

一方のデメリットとしては、シンク脇に設置スペースが必要になるということが挙げられます。
シンクが手狭に感じられる、ホースなどがごちゃごちゃするのが嫌という方もいるかもしれません。
最近ではコンパクトな据え置き型整水器も増えていますので、導入する際にはサイズを確認しておくとよいでしょう。
デザイン性に優れた製品を選び、インテリアとして楽しむのもおすすめです。
⇒⇒⇒ メリット・デメリット 詳しくはこちら

【◆】クリック ⇒⇒⇒日本トリムと整水器関連ページへのリンク集 クリック⇒⇒⇒

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp

2018年11月11日更新

LINEで送る
Pocket