整水器の歴史

LINEで送る
Pocket

近年注目を集めるようになった整水器ですが、実は非常に長い歴史を持つ機器です。
整水器がどのように誕生し、発展したのか。
その歴史を見てみましょう。

<目次>

整水器の歴史年表
整水器の変遷

ハイパー 1 

整水器の歴史年表

昭和6年頃 
諏訪方季氏によって水の電気分解の研究開始
昭和27年
最初の水電気分解装置開発(「シンノオル液製造機」)
昭和29年
「シンノオル電子農機」として稲作への応用開始
昭和33年
「シンノオル液製造機」として医療面への応用開始
昭和35年
「シンノオル液医学薬学研究会」発足 医療・農業面への実用化開始
昭和37年
厚労省(当時)へ医療機器としての製造を申請
昭和41年
シンノオル液製造機が「医療用物質生成器」として薬事法の適用を受ける
昭和54年
蛇口に連結する連続式電解水生成器が承認、「アルカリイオン水」の名称が用いられるようになる
平成4年
メディアで「驚異の水」として紹介されたことから、承認外の効能にまで期待が集まるようになる
正しい知識の啓蒙や品質向上のため「アルカリイオン整水器協議会」を発足
平成5年
アルカリイオン整水器検討委員会に検討を依頼し、最新の科学の目によるアルカリイオン水の安全性と有効性の再検討活動をスタート
平成6年
アルカリイオン整水器検討委員会から安全性再確認の報告
平成9年
アルカリイオン整水器検討委員会から胃腸に対する有効性の一端の報告
平成11年
飲用水としては世界初の二重盲検比較臨床試験により「アルカリイオン水は有用」との結論が委員会から出される
平成17年
薬事法改正により「家庭用管理医療機器」として位置づけられる

(参照:アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp)

整水器の変遷

整水器は当初、生成水のアルカリ性を基準に効果の確認が行われたため、「アルカリイオン整水器」の名称が用いられてきました。
しかしその後の研究によって、電気分解によって生成される水素の性質に注目が集まるようになったことから、「電解還元水整水器」「電解水素水整水器」などの名称も使用されるようになっています。
機器そのものについても、より安定して高濃度の電解水素水を生成する機能や、溶存水素濃度表示機能が付帯された製品も多くなっています。
さらにその機能により、家庭用にとどまらず、農業分野や医療分野でも整水器の応用が始められるようになっています。
整水器の可能性は、未来へと大きく広がっているのです。

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp

2018年10月10日更新

LINEで送る
Pocket