ウォーターサーバー 宅配水を上手に活用する4つのポイント

LINEで送る
Pocket

目次

(1)ウォーターサーバー・宅配水のメリット
  ①買い物の手間が省ける!
  ②スーパーでは買えないような水が買える!
(2)宅配水を利用する際の注意点
  ①宅配時の受け取り
  ②ウォーターサーバーのコスト
(3)まとめ

ウォーターサーバー・宅配水を活用する人が増えています。
おいしい水を自宅に宅配してもらえるというのが嬉しいですよね。
その一方で、ウォーターサーバーを導入する前に確認しておきたい点もいくつかあります。
ウォーターサーバー・宅配水を上手に活用するためのポイントをまとめました。

ハイパー 1 

(1)ウォーターサーバー・宅配水のメリット

ウォーターサーバー・宅配水には様々なメリットがあります。

①水を買いに行く手間が省ける!

ウォーターサーバー・宅配水によって、水を買いに行く手間が省けるというのが大きなメリット。
水は毎日の生活になくてはならないものですから、その都度買い物に行くのも大変。
特に女性や高齢者にとって、重い水を運ぶのは重労働ですよね。
宅配水なら、重たい水も玄関先まで運んでもらえるので便利。
注文はインターネットなど簡単にできます。
さらに定期購入コースのウォーターサーバーなら、その都度水を注文する手間が省けます。
注文を忘れていてストックがなくなってしまうといった心配もありません。

②スーパーでは買えないような水が買える!

近くのコンビニやスーパーでは、販売されている水の種類や本数は限られています。
「もっと違う種類の水を試してみたい」という方もいるかもしれませんね。
ウォーターサーバー・宅配水には、普段スーパーなどでは見かけないような様々な種類の水があります。
採水地や処理方法、味わいなどもそれぞれ異なっていますから、ホームページやカタログなどであらかじめ確認し、用途や好みに合ったものを選ぶとよいと思います。
中には無料お試し利用ができるウォーターサーバーもありますので、導入前に実際使ってみるとよいかもしれませんね。

(2)宅配水を利用する際の注意点

ウォーターサーバー・宅配水を利用する上では、注意したい点もいくつかあります。

①宅配時の受け取り

自宅まで宅配してもらえるのは便利ですが、一方で宅配時の受け取りが必要ということがあります。
不在がちでなかなか受け取れないという方は注意が必要です。
不在時の対応として、再配達されるものと、玄関前にボトルを置いて行かれるものとがあります。
自分にとって都合のよいシステムのウォーターサーバーを選んでおきましょう。
また、あらかじめ配達日時を指定できるウォーターサーバーを選んでおくと確実に受け取りができて安心です。

②ウォーターサーバーのコストはやや高め

ウォーターサーバー・宅配水は一般的に、ペットボトル入りのミネラルウォーターに比べると価格はやや高めです。
ペットボトルの水は、まとめ買いすることにより、2リットル入りのものが100円以下になることもあります。
宅配水は、12リットル入りのボトルが1本あたり約1200~1800円ですから、1リットルあたり100~150円くらいということになります。
ウォーターサーバーの場合、水代のほかにもレンタル料やメンテナンス料、電気代などがかかりますので、総じてペットボトルのミネラルウォーターよりもコストが大きくなることが多いようです。
水の使用量によってもコストは変わってきますので、あらかじめシミュレーションしておくなどして、負担にならないようにしたいですね。

(3)まとめ

それでは最後に、ウォーターサーバー・宅配水を上手に活用するポイントをまとめておきます。

・ウォーターサーバー・宅配水によって、水を買う手間が省ける
・宅配水では、スーパー等では見かけない水が利用できることもある
・宅配水は受け取りが必要になるため、配送方法についてあらかじめ確認が必要
・ウォーターサーバーは、ペットボトルの水と比べて価格は高くなることが多い

LINEで送る
Pocket