整水器とペットボトルの水 使いやすさで比較しよう

LINEで送る
Pocket

目次

(1)整水器のメリット・デメリット(注意点)
 ①メリット
 ②デメリット(注意点)
(2)ペットボトルの水のメリット・デメリット(注意点)
 ①メリット
 ②デメリット(注意点)
(3)まとめ

整水器とペットボトルの水、使いやすいのはどっち?
毎日使うものだからこそ、なるべく使い勝手のよいものを選びたいという方も多いのではないでしょうか。

整水器とペットボトルの水、どちらもメリットもあればデメリットもあるもの。
その両方を頭に入れた上で、自分にとって使いやすいものを選ぶことが大切です。

ここでは、整水器とペットボトルの水の使いやすさを比較してみたいと思います。

ハイパー 1 

(1)整水器のメリット・デメリット(注意点)

整水器は、水道蛇口などに連結することにより、水道水を浄水した後で電気分解し、電解水素水(飲用アルカリ性電解水)を生成する機器です。
整水器にはどのようなメリットとデメリット(注意点)があるのでしょうか。

①メリット

日本トリムの整水器TRIM IONシリーズは、電解水素水・酸性水・浄水の3種類のお水を生成可能。
用途に合わせて使い分けることができます。
水の切り替えはボタンを押すだけで簡単!
生成水の種類をランプやメロディでお知らせするタイプの機器もあります。

電解水素水…飲用、料理に
酸性水………洗い物や掃除、洗顔、入浴に
浄水…………赤ちゃんのミルク作りや薬の服用に

②デメリット(注意点)

整水器はウォーターサーバーと比べて、ランニングコストも小さく、ボトル交換のような定期的な作業も必要ありません。
ただしそのまま使い続けていてよいかと言えば、そうではありません。
整水器を使用する上では、定期的なカートリッジの交換が必要です。
カートリッジの交換を怠ると、不純物をきちんと除去できなくなったり、機器本体に負担がかかったりすることがあります。
日本トリムでは、一年に1回の交換をお勧めしています。
また、水の出が悪くなったときには分岐水栓のお手入れを行ってください。

(2)ペットボトルの水のメリット・デメリット

一方ペットボトルの水には、次のようなメリットとデメリット(注意点)があります。

①メリット

ペットボトルの水を使うことのメリットの一つは、持ち運びができ、外出先などでも使いやすいということ。
家よりも外で水を使う機会が多いという方にとっては特に便利ですよね。
コンビニやスーパーなどでは冷えたペットボトル入りの水をいつでも購入することができます。

また、ペットボトルの水なら手軽に買い替えることもできます。
例えば今日はこの銘柄のミネラルウォーター、明日はこの銘柄のミネラルウォーターというように好みに合わせて種類を変えたり、飲用には海洋深層水、料理用にはRO水というように用途に合わせて使い分けたりするのも楽しみの一つではないでしょうか。
1本あたりの価格も手ごろなので、「試しに水を購入して使ってみたい」という方にとっては使いやすいと思います。

②デメリット(注意点)

ペットボトルの水は、その都度購入する必要があります。
水は毎日の生活になくてはならないものですから、うっかり買い忘れてしまったということがないように注意しなければなりません。
また、お店から自宅まで、重たい水を持ち帰るのは大変という声も聞かれます。

同様に、ペットボトルは空き容器の処理も必要になります。
空になったボトルを洗って乾かし、リサイクルに出す手間や、空のボトルを溜めておくスペースが負担になるという方も多いかもしれませんね。

さらに、簡単に水をくみ出せる整水器やウォーターサーバーと比べて、ペットボトルの水は冷蔵庫で冷やしておき、蓋を開けて容器にくみ出すという作業が必要です。
飲用や料理、ミルク作りなど様々な場面で水を使うという方にとっては、少し手間に感じられるという方もいるようです。

(3)まとめ

それでは最後に、整水器とウォーターサーバーの使いやすさの比較をまとめておきます。

【整水器】

用途に合わせて、ボタンを押すだけで3種類の水を使い分けできる
年に1回程度、カートリッジの交換が必要

【ペットボトルの水】

持ち運びができ、用途に合わせて使い分けも可能
購入や空き容器処理の手間がかかる
冷却や、蓋を開けて容器にくみ入れるといった作業が必要

LINEで送る
Pocket