整水器とペットボトルの水 スペースで比較!

LINEで送る
Pocket

目次

(1)整水器の設置スペース
 ①据え置き型
 ②アンダーシンク型
(2)ペットボトルの水のスペース
 ①ペットボトルの水のサイズ
 ②冷却スペースと保管スペース
(3)まとめ

整水器を設置するか、ペットボトルの水を購入して使うか、悩んだときにはスペースについても考えることが大切です。
整水器の大きさってどのくらい?
ペットボトルの水は意外にスペースが必要?
購入してみたら家が狭く感じられるようになった!ということがないように、あらかじめ必要なスペースを頭に入れておきましょう。
ここでは、整水器とペットボトルの水の大まかなスペースについて比較してみます。

ハイパー 1 

(1)整水器の設置スペース

整水器のタイプは大きく分けて、据え置き型とアンダーシンク型になります。
据え置き型は本体をシンク脇などに設置します。
アンダーシンク型は本体をシンク下に組み込むタイプです。

①据え置き型

日本トリムの整水器TRIM IONシリーズの据え置きタイプのサイズは以下のようになります。

TRIM ION GRACE 幅26.0×高さ32.1×奥行12.6 cm
TRIM ION HYPER 幅23.4×高さ23.9×奥行11.25 cm
TRIM ION NEO 幅27.6×高さ24.8×奥行11.2 cm

整水器を設置するとシンクが手狭になるのではと心配される方も多いかもしれませんが、最近ではコンパクトタイプの整水器が増えており、邪魔になるといった心配はそれほどありません。
また、デザイン性に優れた整水器が多くなっているため、キッチンインテリアとして楽しんでいる方もいます。

②アンダーシンク型

日本トリムの整水器TRIM IONシリーズのアンダーシンクタイプのサイズは以下のようになります。

TRIM ION GRACIA
本体寸法 幅31.0×高さ32.9×奥行10.0 cm(シンク下に収納)
水栓寸法 幅17.8×高さ37.1×奥行24.9 cm
TRIM ION US100L
本体寸法 幅31.0×高さ32.9×奥行10.0 cm(シンク下に収納)
水栓寸法 幅10.5×高さ29.0×奥行20.0 cm

本体は最新の技術を駆使したコンパクト設計で、ほとんどのメーカーのキッチンに収納可能。
シンク周りをすっきりとさせたい方におすすめです。

(2)ペットボトルの水のスペース

「ペットボトルの水は、それほどスペースは必要ないでしょ?」と思っている方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。
ペットボトルの水を購入して使う場合にも、スペースが必要になります。

①ペットボトルのサイズ

ペットボトルの水と一口に言っても、様々なサイズのものがあります。
中でも多く利用されているのは、500mlと2ℓサイズの水ではないかと思います。
では、その大きさは具体的にどのくらいなのでしょうか。

<500mlペットボトル>
幅:約6~7cm 高さ:約20~21cm 奥行:約6~7cm
<2ℓペットボトル>
約10~11cm 高さ:約30~31cm 奥行:約8~9cm

また、ペットボトル入りの水を箱買いする方も多いと思います。
箱の場合の大きさはだいたい次のようになります。

<500mlペットボトル1ケース(24本入り)>
幅:約37~40cm 高さ:約22~23cm 奥行:約25~27cm
<2ℓペットボトル1ケース(6本入り)>
幅:約31~33cm 高さ:約32~33cm 奥行:約18~20cm

②冷却スペースと保管スペース

では、ペットボトルの水は具体的にどのようなスペースが必要となるのでしょうか。
ペットボトルの水のスペースとして頭に入れておきたいのは、冷却スペースと保管スペースの2つです。

冷却スペースは、冷蔵庫に入れて冷やしておくためのスペースです。
500mlペットボトル1本であればそれほど大きなスペースは必要ありませんが、数本冷やしておきたい場合や、2ℓペットボトルを冷やしておきたい場合には、ある程度のスペースが必要になりますので、あらかじめ確認しておいたほうが安心です。

すぐに使う分以外に、予備の水を保管しておくスペースも必要になるかと思います。
特に箱で購入する場合などは、邪魔にならないような場所に置いておきたいですよね。
直射日光の当たる場所や高温の場所での保管は避けたほうがよいとされています。
段ボール箱やペットボトルがまる見えになるのはちょっと…という場合には、ラックなどを使っておしゃれに収納するのもおすすめです。

(3)まとめ

整水器とペットボトルでは、一見ペットボトルのほうが小スペースに感じられるかもしれませんが、単純にそうとは言い切れません。

整水器は、コンパクトな据え置きタイプが増えているほか、アンダーシンクタイプはシンク下に収納も可能で、設置スペースも小さくなってきています。
ただし設置の際にはきちんとサイズを確認し、設置イメージを作っておくようにしましょう。

一方ペットボトルは、冷蔵庫での冷却スペースと、常温で保管するスペースの2つが必要になります。
それぞれどのサイズのものをどのくらい購入して保管しておくかによって、必要なスペースも変わってきます。
安いからとまとめ買いをしたら、かなりのスペースが必要になってしまった…ということがないように、あらかじめ置き場所を決めておくとよいかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket