整水器とウォーターサーバーのスペースを比較!

LINEで送る
Pocket

整水器とウォーターサーバーでは、設置スペースも比較ポイントの一つになります。
思っていたよりも大きくて、邪魔に感じられてしまう…
予定した場所に設置できなかった…
などということがないように、あらかじめ設置スペースを確認した上で導入することが大切です。

ここでは、整水器とウォーターサーバーのスペースを比較しておきたいと思います。

目次HYPER正面

(1)整水器の設置スペース
 ①据え置き型
 ②アンダーシンク型
(2)ウォーターサーバーの設置スペース
 ①床置き型
 ②卓上型
(3)まとめ

(1)整水器の設置スペース

整水器のタイプは大きく分けて、据え置き型とアンダーシンク型になります。
据え置き型は本体をシンク脇などに設置します。
アンダーシンク型は本体をシンク下に組み込むタイプです。

①据え置き型

日本トリムの整水器TRIM IONシリーズの据え置きタイプのサイズは以下のようになります。

TRIM ION GRACE 幅26.0×高さ32.1×奥行12.6 cm
TRIM ION HYPER 幅23.4×高さ23.9×奥行11.25 cm
TRIM ION NEO 幅27.6×高さ24.8×奥行11.2 cm

整水器を設置するとシンクが手狭になるのではと心配される方も多いかもしれませんが、最近ではコンパクトタイプの整水器が増えており、邪魔になるといった心配はそれほどありません。
また、デザイン性に優れた整水器が多くなっているため、キッチンインテリアとして楽しんでいる方もいます。

②アンダーシンク型

日本トリムの整水器TRIM IONシリーズのアンダーシンクタイプのサイズは以下のようになります。

TRIM ION GRACIA
本体寸法 幅31.0×高さ32.9×奥行10.0 cm(シンク下に収納)
水栓寸法 幅17.8×高さ37.1×奥行24.9 cm

TRIM ION US100L
本体寸法 幅31.0×高さ32.9×奥行10.0 cm(シンク下に収納)
水栓寸法 幅10.5×高さ29.0×奥行20.0 cm

本体は最新の技術を駆使したコンパクト設計で、ほとんどのメーカーのキッチンに収納可能。
シンク周りをすっきりとさせたい方におすすめです。

(2)ウォーターサーバーの設置スペース

ウォーターサーバーは大きく、床置きタイプと卓上タイプに分けられます。
サイズはメーカーによっても異なりますが、ここでは一般的な設置スペースを見ておきます。

①床置き型

幅:30~35cm程度
奥行:30~35cm程度
高さ:100~120cm程度
※本体サイズのほかに、家具や壁とのスペースが必要になる場合もあります。

ウォーターサーバーも近年ではコンパクト設計のものが人気を集めるようになっています。
カラーやデザインのバリエーションも豊富になっており、こちらもインテリア感覚で楽しんでいる方が多いようです。
また、ウォーターサーバーはどこに設置するかということも重要なポイントになります。
料理にも活用したいという場合には、キッチンに設置したほうが便利。
リビングに設置して、手軽に水を楽しめるようにするのも一つです。

②卓上型

幅:30~35cm程度
奥行:30~35cm程度
高さ:50~70cm程度
※本体サイズのほかに、家具や壁とのスペースが必要になる場合もあります。

キッチンカウンターや家具などの上に設置できる卓上タイプのサーバーは、幅・奥行は床置きサーバーと同じで、高さが半分程度になります。
水の容量は少なくなりますので、少人数のご家庭に向いています。

(3)まとめ

整水器とウォーターサーバーでは、整水器のほうが設置スペースは小さくなります。
特にアンダーシンク型は本体をシンク下に収納できるため、実際の設置スペースはほとんど必要ありません。
水にはこだわりたいけれど、キッチンがごちゃごちゃするのは嫌だという方にはまさにおすすめです。
据え置き型整水器も近年はコンパクトなタイプが増えており、シンクを使う際にそれほど邪魔になるという心配はありません。

一方のウォーターサーバーは、キッチンやリビングなどに一定の設置スペースが必要になります。
こちらも最近はデザインにこだわった製品が増えているので、インテリアの一つとして、デザインを重視して選んでもいいかもしれませんね。
少しでも設置スペースを小さくしたい方には、卓上型もおすすめです。

どちらを設置する際にも、あらかじめ正確なサイズを測り、設置可能かどうか確認しておくことが大切です。
また、その場所に設置した場合の使い勝手はどうか、手狭に感じられないかといったこともチェックしておきましょう。

LINEで送る
Pocket